女性の薄毛は前髪の生え際も薄くなるの?前髪が薄くなる原因と改善方法

前髪の生え際が薄くなる「M字ハゲ」と言えば男性のAGAだけだと思われている人も多いと思いますが、実は女性でも生え際が薄くなることもあるのです。

M字型に薄毛になるのはAGAの特徴であって、女性の場合はFAGAなので無関係のように思われていますがそうでもないのです。

今回は女性の方でも前髪の生え際が薄くなり後退してM字型ハゲになる原因と改善方法について解説していきたい音思います。

女性の方が前髪の生え際が薄くなる原因について

前髪の生え際が薄くなる特徴のM字型ハゲは男性型脱毛症であるAGAの特徴ですが、女性でも同じような症状がみられる場合もあります。

女性の場合はAGAではなくFAGAになりますので、男性ホルモンが影響して前髪の生え際部分が薄くなると言うことではなく、以下の様な原因が考えられます。

牽引性脱毛症で前髪の生え際部分が薄くなる

前髪の生え際部分が浮くくなってきたと言う女性の方のヘアスタイルは、以下のような場合がほとんどです。

  • ポニーテール
  • 編み込むようなヘアスタイル
  • 全体をまとめて頭頂部でお団子を作っている

上記のような髪型をしている場合は要注意です!

常に髪の毛を引っ張っている状態になりますので、頭皮や髪の毛、毛根に負担がかかってしまいます。

短期的にこのようなヘアスタイルをする場合は特に問題はありませんが、長時間続けていると言う人や、毎日同じ髪型をしていると言う人は常に生え際に負担がかかってしまっているため注意が必要になります。

常に引っ張った状態と言うことは、その箇所だけ集中して抜け毛が増えやすくなると言うことなので、いつの間にか薄毛になっていると言う人が多くなっています。

特にポニーテールは前髪全体を後ろに強く引っ張った状態となるため、生え際の抜け毛が増えやすい髪型の一つになります。

このように、常に引っ張った状態が原因で抜け毛が増えてしまい、薄毛になる症状のことを「牽引性脱毛症」と言って、年齢に関係なく起こる脱毛症になります。

シャンプーやスタイリング剤の洗い残しが原因で生え際が薄くなることも

シャンプーやスタイリング剤は、しっかり目に洗い流さないと頭皮に付着したまま残ってしまう場合があります。

すると、頭皮の衛生状態が悪くなり毛穴が塞がれてしまい髪の毛の成長を阻害してしまう事になるのです。

しかも、シャンプーやリンス、スタイリング剤は「生え際に残りやすい」傾向になるため、生え際の抜け毛が気になる人は特に注意する必要があるのです。

自分ではしっかり洗い流しているつもりでも、よく見てみると前髪の生え際部分にシャンプー等が付着している場合があります。

ですから、しっかり洗い流したと思っている人も念には念を入れてもう一度しっかりとすすぐように似てください。

ヘアカラーやパーマをよくする人も注意が必要!

ヘアカラーやパーマを頻繁にする人も要注意です。

女性は男性以上に髪の毛や頭皮に負担がかかることをやってしまいがちです。

生え際部分はヘアカラーやパーマの薬品の影響を受けやすい傾向にあり、負担が蓄積されますので抜け毛が増えて薄毛になりやすいと言えます。

オシャレに気遣う気持ちは分かりますが、髪の毛がなくなってしまっては元も子もないので抜け毛が気になり始めたらヘアカラーやパーマは控えることをおすすめします。

例えば1ヶ月に1回ヘアカラーをしてたのを3ヶ月に1回に頻度を落とすだけでも負担は減ります。

行きつけの美容師さんに相談してみて、頭皮や髪の毛への負担が少ない方法がないか聞いてみることをおすすめします。

前髪の生え際部分の薄毛の進行を防ぐための対策方法

前髪の生え際部分が薄くなってきたと言う人は、上記で紹介しました原因が考えられます。

生え際の薄毛の進行を防ぐには以下のような対策を心がけるようにしましょう。

牽引性脱毛症の予防対策をする

前髪の生え際部分の薄毛の一番の原因は牽引性脱毛症になりますのでしっかりと予防対策するようにしてください。

牽引性脱毛症の予防対策と言っても方法はとても簡単で、ただ単にポニーテールやお団子、編み込み等のヘアスタイルをしないことになります。

髪の毛を強く引っ張る髪型を止めて、自然なヘアスタイルを心がけるようにするだけで、生え際の薄毛の進行を防ぐ事が可能となります。

牽引性脱毛症は放置すると進行してしまう脱毛症なので、心当たりがあると言う人はすぐに髪型を変えるようにしましょう。

また、定期的に分け目を変えたりすることもおすすめです。

それから、髪の毛をかき上げる癖があると言う人も注意が必要になります。

髪の毛をかき上げた時に髪の毛が抜けることはありませんか?

無意識に髪の毛をかき上げたと同時に髪の毛が抜けていると言うことも良くありますのでご注意ください。

シャンプーやスタイリング剤はしっかりと洗い流す

シャンプーの洗い残しは要注意ですのでしっかりと洗い流すようにしてください。

特にスタイリング剤を使用している場合は、二度洗いすることをおすすめします。

一度のシャンプーだとスタイリング剤がキレイに落とせていな場合もありますので、まずは予洗いして軽くシャンプーでスタイリング剤を洗い流しましょう。

それから、もう一度シャンプーをして頭皮や毛穴に詰まった汚れをキレイに洗い流すようにしてください。

そして、シャンプーの洗い残しが無いようにしっかりとすすぐようにしてください。

ヘアカラーやパーマはなるべくやめる

ヘアカラーやパーマは強い薬品を使用しますので、なるべくやめることをおすすめします。

特に毎月美容室でヘアカラーやパーマをしていると言う人は要注意です。

せめて頻度を少なくすることをおすすめします。

ヘアカラーやパーマの薬品は頭皮への刺激が強いため、頭皮の負担が大きくなってしまい頻繁にしている場合はその負担がどんどん蓄積されてしまいます。

最悪の場合もとに戻らない場合もありますので、心当たりがあると言う人はご注意ください。

女性の方で前髪の生え際が薄い場合の改善方法

上記で紹介した対策を行っているにも関わらず一向に改善しない場合は治療が必要な場合もあります。

髪型を変えて頭皮や髪の毛に負担の無い自然な髪型にしているけど、ヘアカラーやパーマもやめているけど、前髪の生え際部分の薄毛が進行している、または改善しないと言う人は専門家に相談する事をおすすめします。

このような場合は育毛剤や育毛サプリでは治らないので、薄毛治療を専門としているクリニックに相談する事をおすすめします。

育毛剤の役割は、頭皮環境を整えて髪の毛に必要な栄養素を与えると言うことになりますが、それだけでは改善しない状態になっている状況でどれだけ高級な育毛剤を使用しても効果はなくただの気休めでしかありません・・・

ですから本気で前髪の生え際部分の薄毛を改善し、元の健康な髪の毛を取り戻したいと言う場合はヘアメディカルのような女性の薄毛治療を専門としているクリニックに相談する事をおすすめします。

ヘアメディカルでは「無料カウンセリング」も行っていますので、まずは原因が何かを特定するためにも相談してみてください。

そして、治療が必要なのか、治療なしでも自宅でできるケアで改善するのかを知るようにしてください。

何度も言っていますが薄毛を治す一番の近道は「薄毛の原因を知る」と言うことになりますので、まずは無料カウンセリング等を活用して自分の薄毛の原因を突き止めるようにしてください。

女性の薄毛は治る!女性専門の治療方法で悩み解決

2015.09.18