40代女性が薄毛が気になりだすのはなぜ?

usuge-40

女性の薄毛は気づかない内に進行しているものです。女性特有の薄毛の症状は「びまん性脱毛症」で、その症状からなかなか気づかない人が多いと言われています。びまん性脱毛症の特徴は、男性のように頭頂部や額の生え際部分が極端に抜け毛が増えて薄くならないと言う事です。

びまん性脱毛症は、全体的に抜け毛が増えて、全体的に薄くなる事が特徴です。ですから、分け目が目立つ、つむじ周りが極端に薄くなってはじめて気づくと言う方が非常に多いのです。この40代の女性の薄毛には、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」が大きく関係しているのです。

このエストロゲンは、髪の毛を発達させ、髪の毛の成長を促す働きがあります。ですから、このエストロゲンの分泌量が減少すると髪の毛の成長期が極端に短くなり髪の毛が成長しなくなってしまうのです。すると、休止期が長くなってしまい、新しい髪の毛もなかなか生えてこなくなってしまうのです。

エストロゲンの分泌は平均すると28歳頃がピークと言われており、その後は年齢と共に減少していく傾向にあります。そして、40代を境に一気にエストロゲンが減少してしまいます。また、閉経後は副腎から分泌されるのですが、その量はごく少量になってしまうのです。

更年期に入る40代は、極端にエストロゲンの分泌量が減っていくので、髪の毛自体が痩せ細ってしまったり、コシが無くなったり、色が薄くなったりと感じる方も多くなると思います。また、通常は1つの毛穴から複数本髪の毛が生えているのですが、本数が減ってしまったりする事もあります。

つまり、40代以降は薄毛になってしまう傾向にあると言う事です。このような事が原因で薄毛になる事を「びまん性脱毛症」と言いますが、最近ではFAGA(女性男性型脱毛症)とも言われております。

一度自分の頭を見てください

自分で自分の頭頂部を見る事ってあまりないですよね?と言うかほとんどないと思います。他人からはよく見られることはあると思いますが、自分ではあまり見る機会がない頭頂部。女性の薄毛が最も顕著に表れる部分が頭頂部なのです。

あなたは自分の現在の頭頂部の状態をしっかりと把握していますか?もし、自分の頭頂部の状況をご存知ないのでしたら、今すぐ確認してみてください。合わせ鏡などで簡単に頭頂部の状態を確認する事ができます。その他スマホなどで撮影して見るのも良いと思います。

この頭頂部の状態チェックを、月一回程度で構いませんので、数か月間続けてみてください。すると、薄毛の進行に気づくのが早くなるので、改善する事も早くなります。薄毛は基本的に進行型なので、早くに対策を取らないと、手遅れになってしまう事もあります。できればスマホなどで画像を保存しておけば、経過が見られるのでおすすめです。

このチェック方法でしばらく続けてみて、薄毛が進行していると感じた場合は、一刻も早く薄毛治療などを専門的に行っているクリニックに相談するようにしましょう。女性の薄毛は男性と比較しても改善しやすい方なので、手遅れでない場合は大丈夫です。

女性の薄毛の進行を食い止める為の自分でできる方法は、現在使用しているシャンプーを見直してみたり、頭皮マッサージで血行促進したりする事です。その他は、食生活の見直しや、睡眠、運動なども重要になってきます。

薄毛に悩む女性がシャンプーを選ぶ際に注意したい事

女性の薄毛治療専門クリニック