髪の毛の痩せ細り&頭皮が透ける症状は薄毛の兆候

usuge-sukeru

女性の方が薄毛になる前の兆候としてさまざまな症状があります。そこで、当ページでは女性の薄毛の兆候をまとめてみました。以下でご紹介するような症状がある方は注意が必要です。当てはまる症状がないか是非チェックしてみてください。

髪の毛が痩せ細ってきた

女性の髪の毛は30歳前後が一番健康で太く丈夫だと言われています。日本人の髪の毛の標準の太さは、0.06〜0.09mmと言われていて、生まれてから年齢を重ねるごとに太くなっていき、30歳前後でピークを迎え、その後は徐々に細くなっていきます。

つまり、加齢と共に髪の毛が細くなる事は仕方がない事なのです。ですが、最近は若い20代の女性の方でも突然髪の毛が細くなったり、30代の方でも細くなってきて「もう年だから…」と諦めている方もたくさんいらっしゃいます。

髪の毛が細くなると言う事は、薄毛の兆候の表れなのです。ですから、気のせいにしたり、年齢のせいにしていると、どんどん髪の毛は薄くなり、取り返しがつかなくなってしまう事もあります。例えば、髪の毛の長さは同じでも、髪の毛の太さが半分になると、髪の毛のボリュームも半分になっていると言う事なのです。

いや、むしろ半分以上のボリュームダウンかもわかりませんね。髪の毛のボリュームダウンは薄毛の兆候で、分け目などが目立ってきます。ですから、最近分け目が気になると言う方は注意が必要なのです。単純に分け目が気になると言う事は、髪の毛が痩せ細っている証拠です。

また、他にもびまん性脱毛症やFAGAと言う可能性も高いので、髪の毛に異変を感じたら一刻も早く、薄毛治療専門の医療機関に相談するようにしましょう。

頭皮が透けて見える

頭皮が透けて見えると言う方は、薄毛の兆候の表れです。上記で解説した「分け目が目立つ症状」や「髪の毛の量自体が減少」している可能性が非常に高いです。この症状は40代を越えた頃から気になる事が多いのですが、最近は若い女性の方でも「若年性脱毛症」が流行っているので注意が必要です。

大体の場合、この症状に気づくのは光の下に入った時などのふとした瞬間に鏡に映った自分の頭部を見た瞬間です。もしくは、パートナーや知人に指摘された時です。そして、光の加減で薄く見えただけだと、自分に言い聞かせてその時はあまり気にしません。

しかし、ふとした瞬間に思い出し鏡でじっくりみてびっくりすると言うパターンが多いのです。髪の毛の量が減ったり、髪の毛が痩せ細ったりして、頭皮が透けてくるとものすごく老けて見えるので、気になりだすととてもストレスになりますよね。

特に、外出先などで靴を脱ぐ際にしゃがんだ時や、挨拶で頭を下げた時はとても気になります。頭皮が透けていると、挨拶もまともにできなくなる事もあるので、なんとかしたいですよね。ですから、気のせいや、年齢のせいにしないで、自分の薄毛と真に向き合って、改善する決意が重要なのです。

頭皮が透けて見えるという事は、あなたは完全に薄毛予備軍です。と言うよりも、数年後にはほとんど髪の毛がなくなっている可能性だってあるのです。ですから、勝手な自己判断は避けて、薄毛治療専門の医療機関に相談するようにしましょう。

頭皮が透けて見える原因は2種類

頭皮が透けて見える原因は大きく分けて2種類あります。どちらも年齢が関係してくる事なのですが、それ以前に女性ホルモンの影響があります。つまり、若い女性の方でも女性ホルモンのバランスが乱れると頭皮が透けてくるので注意が必要なのです。

髪の毛が痩せ細る

髪痩せと言われている症状で、髪の毛がどんどん痩せ細っていきます。これは、女性ホルモンの分泌量の低下が原因です。この症状が発症する年齢は様々で、年齢に関係なく女性ホルモンの分泌量の減少で起こる症状とも言われています。

つまり、加齢が原因で髪の毛が痩せ細るのは、仕方がない事もあるのですが、年齢が20代30台と若いにも関わらず、髪の毛が痩せ細ってきたという方は注意が必要なのです。なんらかの原因で女性ホルモンの分泌量が低下しています。

髪の毛の生成に重要あ女性ホルモンが「エストロゲン」というホルモンです。エストロゲンは、女性らしい体を形成するのに必須の女性ホルモンで、女性の髪の毛の生成・成長にも大きく関わっている女性ホルモンなのです。

この女性ホルモンエストロゲンの分泌量が減少するという事は、髪の毛だけに影響があるとは考えにくいのです。ですから、若い女性の方で髪の毛が急激に痩せてきたと言う方は女性の薄毛治療を専門としている皮膚科やクリニックに相談するようにしましょう。

また、加齢が原因で女性ホルモンエストロゲンの分泌量が減少する事は当たり前の事なのですが、諦めないでください。加齢が原因であっても、エストロゲンを活性化させて、健康で元気な太い髪の毛を復活させる事は可能なのです。まだまだ薄毛になりたくないと言う方も、是非女性の薄毛専門の医療機関に相談してください。

髪の毛の量が減る

髪の毛の量が減ると言う症状は、単純に抜け毛が多いと言う症状です。年齢を問わず女性の方に多いFAGAと言われるびまん性脱毛症がほとんどの場合の原因です。こちらも女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量の減少が原因で引き起こります。

女性ホルモンのエストロゲンが減少する事で、男性ホルモンが優位に立ち抜け毛が促進されてしまいます。FAGAとは男性のAGAの女性版です。つまり、男性ホルモンDHTが髪の毛の成長を妨げてしまう事で起こっていると言う事なのです。

男性にも女性ホルモンがあるように、女性の体内にも男性ホルモンはあります。しかし、女性ホルモンは減少はしますが、完全になくなる事はないので、男性よりも女性の抜け毛の方がまだましと言えるでしょう。いずれにしてもエストロゲンが、女性の薄毛改善の大きな鍵を握っている言えるでしょう。

髪の毛が痩せ細ってきた、頭皮が透けて見えると言う方は、そのまま放置していると進行するばかりです。とは言っても、女性のFAGAの場合は男性のAGAのように進行型ではないので、日が経つごとにどんどん薄くなっていくと言う事はあまり考えられません。しかし、徐々に減っていったり痩せていく事は事実です。ですから、あまり進行に気づかない女性が多いというのも事実です。自分の髪の毛を触ってみて、髪の毛が細くなったと感じた場合や、鏡をみて頭皮が透けていると感じた場合は、自己判断せずに、必ず専門の医師に相談するようにしましょう。最近の薄毛治療専門のクリニックや皮膚科では無料でカウンセリングを実施しているところが多くなってきています。そのようなサービスを活用して、しっかりと薄毛改善を目指しましょう。

女性には女性専門の薄毛治療があります>>