女性の薄毛にプロペシアは絶対ダメ

usuge-propecia

薄毛治療薬で有名な「プロペシア」なのですが、女性の薄毛にも効果はあるのでしょうか?

結論から言いますと、プロペシア男性専用の薄毛治療薬になりますので、女性の方は絶対に服用しないようにしてください。

なぜ、女性の方が薄毛治療薬であるプロペシアを服用してはいけないのかを、以下で説明しますので必ず目を通しておくようにしましょう。

プロペシアとは

プロペシアとは、男性専用のAGA治療薬です。AGAとは男性型脱毛症の事で、成人男性に見られる脱毛症の1つです。このAGAの治療薬として最も効果が高い治療薬こそがプロペシアなのです。

プロペシアは、米メルク社が開発した成人男性用の薄毛治療薬で、主な成分は「フィナステリド」です。プロペシアは、フィナステリド錠と呼ばれる事もあり、世界60カ国以上で使用されている薄毛治療薬で、国内では2005年からMSD(旧:万有製薬)が販売を開始しています。

プロペシアはAGAのみに有効な治療薬

まず、プロペシアが効果のある脱毛症は「AGA」だけなのです。つまり、他の円形脱毛症等には全く効果が無いと言う事なのです。

AGAと言えば、頭頂部や額の生え際部分が極端に薄くなる症状の男性型脱毛症の事で、AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)です。

このDHTは毛乳頭細胞内の男性ホルモン受容体と結合し、髪の毛の成長を抑制させる働きがあります。その結果、髪の毛が細くやせ細ったり、成長しきる前に抜け落ちたり、髪の毛が成長しなくなり薄毛になってしまうのです。

しかし、プロペシアを服用する事で、DHTの発生を抑える事ができ、AGAの進行を食い止め、改善させる事ができるのです。

プロペシアは保険対象外

プロペシアは、AGAの治療薬としてとても優れた治療薬です。

しかし、残念ながら健康保険の対象外となりますので、全て自費となります。医師の処方が必要な医薬品なのですが、薬価基準未収載品の為保険対象外なのです。

プロペシアを服用するには、1ヶ月で約1万円程の費用が必要になります。プロペシアの効果が表れ出すのは、半年後ぐらいなので、それまで毎日300円程の費用が必要になってくるのです。

それに、毎月1回の診察も必要になってくるので、診察費用も合わせると相当な金額になってきます。

女性がプロペシアを服用してはいけない理由

プロペシアは、成人男性を対象としたAGA専用の治療薬です。

ですから女性の方が服用する事はNGなのです。特に、妊娠中(男児)の女性が服用してしまった場合、妊娠中の男児の生殖器に異常を起こす危険性があるのです。

プロペシア自体に触れるだけでも体内に入ってしまう危険性があり、胎児に悪影響を与えてしまうので、絶対に触れないでください。

それから、男性であっても未成年者が服用する事は、国から禁止されています。

ですから、薄毛でお悩みの女性の方は絶対にプロペシアの服用はしないでください。

以上のように、プロペシアは女性の薄毛には何の効果もありません。それどころか、母体や胎児に害を与えてしまいます。ですから、絶対にプロペシアの服用はしないでください。

また、パートナーの方がプロペシアの服用をしている場合でも、触る事もしないように注意してください。

それから、絶対にお子様の手の届くところには置かないようにしましょう。

女性の薄毛治療には、女性専用の薄毛治療薬があるので、薄毛でお悩みの場合でも、プロペシアは飲まないようにしてください。

女性には女性専門の薄毛治療があります>>